ホーム 牧場案内 2011年生産馬 2010年生産馬 繁殖牝馬 クラブ提供馬 現役所有馬
オリオンファームに2011年2月21日、新種牡馬としてブレイクランアウトが到着しました。

ブレイクランアウトは、父Smart Strike、母Queue(母父フレンチデピュティ)という血統の米国産馬。2008年7月に新潟競馬場でのデビュー戦を勝利で飾り、その年のG1-朝日杯フューチュリティステークスではセイウンワンダーの3着となりました。翌年のG3-共同通信杯で重賞初制覇を果たしましたが、一番人気におされたNHKマイルをはじめ残念ながらG1には手が届きませんでした。2010年10月23日のG3-富士ステークス後に右前浅屈腱不全断裂を発症していることが判明、通算10戦2勝(重賞1勝)という成績を残し11月5日付で競走馬登録を抹消されておりました。
 

 
本馬の父スマートストライクは、種牡馬としても優秀な成績を残しており、カーリン(米G1-BCクラシックなどG1を7勝)やイングリッシュチャンネル(米G1-BCターフなどG1を7勝)、フリートストリートダンサー(G1-ジャパンCダート)、ルッキンアットラッキー(米G1-プリークネスSなどG1を5勝)などを輩出し、2007年〜2009年の3年連続で北米リーディングサイアーに輝いております。 ブレイクランアウトはスマートストライクの直子として本邦初のスタッドインとなります。
 

2011年の種付料は、【受胎条件30万円、出生条件50万円】

ブレイクランアウトの詳しい血統、競走成績等は JBIS-Search(JBBA) にて

お問い合わせは、(株)オリオンファームまで
北海道沙流郡日高町福満304-1
TEL 01456-2-1616

 

 Copyright 2006 ORION FARM Co., Ltd.  All Rights Reserved